長谷ビルディンググループについて
グループ案内
  • 企業理念
  • グループ概要
  • (株) 長谷本社 会社概要
  • 公益財団法人 長谷福祉会
事業領域
  • 事業領域
関連リンク
  • 関連リンク
採用情報
  • 採用についてのご案内
  • 募集概要
  • 先輩社員の声

採用情報(先輩社員の声)

現在、長谷ビルディンググループで活躍する、先輩社員の声を集めました!
実際の仕事について、職場の雰囲気について、それぞれの未来について…きっと、皆さんの参考になると思います。
是非、あなたの未来を長谷ビルでつくってください!
Voice 01
「好奇心と冒険心」という企業理念が魅力のひとつだと思っています。
営業部 入社1年目 男性
立命館大学 産業社会学部 国際社会コース
入社したきっかけは何ですか?
長谷ビルを初めて知ったのは大学の合同説明会です。ホームページを事前にチェックして、おもしろい事をやっている会社だなという印象を持ったので話を聞こうと思いました。それが長谷ビルとの出会いです。京都らしさのカタチをコンセプトに街づくりを実行している点が魅力的でしたし、面接を重ねていくうちに、自分のことを知ろうとしてくれている、魅力を引き出してくれていると感じ、面接が終わった直後にはなにか気持ち良さのような感覚さえありました。 自分はこの会社に合っているなと感じていたので、採用の連絡を受けた時は非常にうれしかったですね。
長谷ビルの魅力はどんなところだと思いますか?
「好奇心と冒険心」という企業理念が魅力のひとつだと思っています。 私達は何か発見したり気づいたりしたことを、仕事に関係あるなしに関わらず報告し合い日々アンテナを広げています。新しくつくる建物は、他には無いような物、独自のスタイルをつくろうという考えがありますし、不動産賃貸事業以外でも新しくおもしろいことを生み出そうとしています。好奇心と冒険心溢れる人たちで会社が成り立っているというところが魅力だと思っています。
仕事のどんなところにやりがいを感じていますか?
私は今、マンションとガレージを担当しています。お客さまからのお問い合わせやクレームがあった時には、それに対して迅速に行動しながら、自分で対応を考えて意見を上司に伝えます。 また、新事業のプロジェクトにも参加して、先輩たちの意見や経験を聞いて勉強しています。調査して分った事があれば、そこから自分なりの考えを発表しています。 先輩達のように会社を大きく動かしているところまでは、まだまだ活躍できていないですが、自分が会社の一員となって、会社を盛り上げていると大きく実感できていることはすごく楽しいですし、幸せなことだなと強く思っています。
Voice 02
本当に信じられているということ。必要とされていること。
それが、何よりも私はやりがいと感じています。
営業部 入社1年目 女性
関西大学 商学部商学科 出身
入社したきっかけは何ですか?
大手の企業にも内定をいくつか頂いていました。ただ、大量採用枠のうちの一人としての私よりも、他でもない『一人の私という者』を選んでくれた価値の重たさが異なりました。そこに私は、幸福と共に大きな責任を感じたのです。この点が、最終的にこの会社を選んだ理由です。
長谷ビルの魅力はどんなところだと思いますか?
裏も表もない、見たまま。それが長谷ビルの魅力だと思います。長谷ビルの社員みんなのそのままの人間性が長谷ビルを形成し、商品にも反映されています。ですから、実際に長谷ビルを見て感じてください。そうすれば分かると思います。そして貴方だけの魅力がまた、長谷ビル全体の魅力になっていくのです。
仕事のどんなところにやりがいを感じていますか?
とにかく、本当に信じられているということ。必要とされていること。それが、何よりも私はやりがいと感じています。入社1年目にして、ここまで上記2点を実感させてくれる会社はそんなに多くはないと思います。ですから、私自身も本気でその気持ちに答えたいって必死になりますね。
Voice 03
単なる不動産で終わらないことが長谷ビルの魅力だと思います。
営業部 入社1年目 男性
同志社大学 社会学部 産業関係学科
入社したきっかけは何ですか?
まず大学の合同説明会で長谷ビルを知りました。その際に話を聞いていくにつれて長谷ビルの魅力を強く感じました。というのは、京都に11棟、大阪に3棟ビルを所有する会社で、これまでリノベーションなど様々なプロジェクトを手掛けてきたこともあって、これは単なる不動産の会社ではないと思いました。この会社には可能性があると感じて、入社したのがきっかけです。
長谷ビルの魅力はどんなところだと思いますか?
裾野が広いことだと思います。というのは、ビルだけに限らずマンション、ホテル、飲食など業態は様々なので関わっていく人々や仕事内容も様々です。これだけ幅広い事業を行っていると、必然的に自分の仕事の幅や経験も広くなりますし、出会う人も多くなりますよ。単なる不動産で終わらないことが長谷ビルの魅力だと思います。
仕事のどんなところにやりがいを感じていますか?
やはり任されることです。私は入社して1年も満たないうちにマンションと貸会議室の担当を任されていますが、まさかこんなに早く担当が任されるとは思いませんでした。さらに、ある程度のことであれば自分自身で決定していいことになっておりますので、その点についても驚きを隠せない状態ではありますが、責任を感じつつ自分が主体で動いているんだという気持ちになります。任されるということはやりがいを感じますよね。まだ不慣れな状態が続いてはおりますが、そんなところに日々責任感を持ちつつやりがいを感じています。
Voice 04
たくさんの出会いや、経験することが日々あることに感謝しています。
自分のいるポジションによって、感じ方が変わっていっていくように思います。
flowingKARASUMA ストアマネージャー 入社7年目 女性
立命館大学 経済学部 国際経済協力コース出身
入社したきっかけは何ですか?
私は、大学で開催されたセミナーにて当社とめぐりあいました。 もともと空間や建物を見ること、知らない街を散策したり、新しいショップやスポットの発見など、街の流れを感じたりすることが好きでした。それでも、不動産業を意識することや、身近で感じることは無かったため、その業種についてはよくわかりませんでした。ですが、セミナーにいらしていた先輩が活き活きと楽しそうにご自分の仕事を語られる姿に魅かれ、会社説明会に参加。そこでさらに、これからますます変革し、進化させていく長谷ビルディンググループについて、熱く活き活きと語られる社長に魅かれ、尚一層自分自身の中に、「この会社では自分自身も楽しみ、やりがいを見つけながら働くことができるのでは!」と湧き上がる気持ちが生まれ、入社を決意しました。
長谷ビルの魅力はどんなところだと思いますか?
京都という素晴らしい場所をベースに、この土地に積み重ねられ残る文化と、魅力を深く理解し、大切にしながら、様々な取り組みを日々考えています。そしてそれを形にしていくパワーを持つエネルギッシュな会社というところです。 グループ内で業態が多岐にわたることもあり、他方面の方々との出会いが多くある環境もとても大きな魅力です。そして、素晴らしい先輩方に恵まれていること、素敵な後輩や、スタッフに出会え、ともに毎日働くことができることは、私にとって一番の魅力だと感じます。
仕事のどんなところにやりがいを感じていますか?
私は入社して7年目。4年半営業部に在籍し、その後プロジェクト開発部、そしてflowing KARASUMAのプロジェクト立ち上げから現在に至ります。 入社した頃には想像もできなかった環境に今はいますが、変わらずたくさんの出会いや、経験することが日々あることに感謝しています。働く年数や、自分のいるポジションによって、感じ方が変わっていっていくように思いますが、現在flowingにいながらたくさんの人々との出会いを重ね、困難にぶつかりながらも、スタッフとともにお店が人々に愛され、心に残る場所になるよう成長を目指しています。日々思考錯誤して、アイディアを出し合いながら店を創り上げることは、多くのことを学べます。flowingで人がつながり、何かが生まれたり、新しい発展につながったり・・・、素晴らしいことが起こる、たくさんの可能性を秘めている場所で仕事ができることは、とてもやりがいがあります。